さて弊社も本年4月に創立60周年目に当たる第60期を迎えようとしております。
企業は30年ごとに風邪をひく、という話を聞いたことがありますが、
まさに弊社にとって気を引き締めなければならない年なのかもしれません。

昨年のご挨拶でも申し上げましたが、災害特需や比較的大規模な建物の
新築・改修工事が順次完成しており、
今後の公共発注はかなり絞られるとの予測のなか、受注減少は大きな不安要素であります。

しかしながら今年の干支である己亥は次なる成長への準備の年、
とも言われることから、もう一度自社の業務を見つめなおし、
きちんと準備をしなさいと言われているのだ、と考えております。

弊社がこの先100周年を目指していくためには、時代の変化に対応できる強い体質を構築し、
お客さまから信頼されながら地道に事業を継続していくことが必要であることは間違いなく、
社員一同さらなる努力を続ける企業でありたいと思います。

皆様には、今後も変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。
平成31年1月
株式会社拓越
代表取締役 関谷克浩